MENU
スス
フリーランスのデザイナー
グラフィックデザイナーとしてデザイン事務所へ就職→広告代理店を経て、自分探しのため欧州旅へ→見つけられず2ヶ月で帰国後→広告制作会社を掛け持ちでお手伝いをしているうちに、気がつけばフリーランス。

印刷物やWEBサイトのデザインをしている傍ら、Tシャツを中心にオリジナルアイテムを作ってます↓
LONESOME TYPE STORE

デザイナーの7つ道具と仕事が捗るアイテム。

ぼくはフリーランスのグラフィックデザイナーで、
パンフレットやチラシ、商品パッケージ、ロゴのデザインなど印刷物をメインに仕事をしている。
ペーパーレス化やWEBメディアに押され、印刷物(紙媒体)はなくなると言われ十数年経つが、まだまだ紙の仕事は健在だ。
とはいえ、WEBサイトのデザイン依頼も増え、簡単なものならコーディングもするし、
動画撮影のディレクションや店舗デザイン、企画段階から関わる案件もあり、年々携わる領域は広がっている。

ぼくは人に頼ったり、人を使ったりすることが苦手で全てひとりでやることが多い。
そんな感じなので1人でかかえる作業もなかなかのボリュームで、いくつかの案件を同時進行するには、
うまく頭を切り替えて集中できる環境が必要となってくる。
そんなぼくをほぼ毎日サポートしてくれる仕事道具をご紹介。

グラフィックデザイナーの仕事道具と私感

目次

Mac

Mac mini(メイン機)
メインマシンは『Mac mini Late 2018(6コアIntel Core i7 / 32 GB 2667 MHz DDR4 / Intel UHD Graphics 630 1536 MB)』。

Mac mini

MacProは高いし、iMacはかさばるし。。
その点、Mac miniはコスパがよくコンパクトで場所も取らず、スペック的にもDTPやWEB制作の用途でまったく問題なく使用できる。
もともとiMac 27インチRetina 5Kディスプレイを使用していたが、iMacのような一体型の場合、使わなくなった時に外部モニターとしても再利用できないため処分に困る。
いいタイミングでMac miniがリニューアルされたので、これを機にMac本体とモニターは分けることにした。

Mac miniはGPUグラフィックス性能が低いのと、本体が異常に熱くなるがデメリット。
高画質ビデオや3Dのレンダリングなど高いグラフィックス性能を必要とする作業にはあまり向かないかも。
夏の暑い時期の長時間使用する場合は、本体をインシュレーターなどで少し浮かせたり、外部ファンで風を当てて熱対策している。
2021年最新のMac miniはM1チップになり発熱や、GPUグラフィックス性能も改善された?!

Mac Book Pro(サブ機)
MacBook Pro Late 2016 13インチ スペースグレイ  (3.3 GHz デュアルコアIntel Core i7 / 16 GB 2133 MHz LPDDR3)』。

外出用のMacBook Pro

出先での打ち合わせや作業用、最近ではリモート会議でも使用している。
スペック的にMacBookProだけで十分仕事できるので、外部ディスプレイモニターを付けてメイン機として使う人も多い。
気がつけば4年以上経っているが、まだまだ外出時の相棒として活躍してる。
Macは余裕で5年くらいは現役で使用できるのでついつい長く使ってしまう。

タッチバーは指紋認証以外まったく活用できていない。
そろそろフルモデルチェンジ望む。

買い替えました!

Mac Book Pro14インチ M1 Pro(サブ機)
MacBook Pro 2021 14インチ スペースグレイ  (Apple M1 Pro 10コアCPU/16コアGPU/16GBユニファイドメモリ/1TB SSDストレージ)』。

今回は少額減価償却資産内に収まるようカスタマイズなしで、通常に販売しているスペックのままで購入した。
メモリ16GBで足りるのかなと思ったけども、Photoshopで写真加工、簡単な動画編集、3Dレンダリング等、今のところ不都合は感じないし、むしろメインで使用しているMac miniより動作も処理スピードも早いので快適。
サブ機というよりメイン機に変わる可能性もある。
キーボードはMacBookPro13インチのペチペチとした打感のキーボードからすると、ストロークも若干深くホクホクとした打感でキータッチ音も小さくなった。
なによりも使い勝手の悪いタッチバーがなくなり、通常のキーに戻ったのがうれしい。

上がMacBookPro13インチ、下がMacBookPro14インチ

今まで使用していたMacBookPro13インチより、一回りとはいかないまでも大きくなり、だいぶ厚みが増したため、一昔前のMacBookという感じで持ち運ぶ度にずっしりとした存在感がある。
厚みが増した分、SDカードスロットやHDMIポートなどが復活。
いちいち外付けのハブを付ける必要がなくなったのは助かるが、毎日持ち運ぶなど手軽さ薄さを求めているならMacBookAirという選択肢もあると思う。

デスクトップでは日本語JISキーボードを使用しているため、今回のMacBookProは日本語JIS配列キーボードモデルを購入したものの、5年使用した英語配列のMacBookProに慣れすぎていたのか、⌘キーと英数キーを頻繁に押し間違えてイライラしている。

モニター

EIZO 27インチ4Kモニター

EIZO FlexScan 27.0インチディスプレイモニター EV2785 (4K UHD/IPSパネル/ノングレア)
デザインは至ってシンプルなのでアップル製品とも相性がよく、MacBookをTypeCケーブル1本でつなげられ充電もできるので便利。
以前使用していたiMac 27インチRetina 5Kディスプレイと比べると、文字や画像のシャープさは劣るが慣れの問題。
むしろ光沢のないノングレアの画面は反射や映り込みも少なく快適。

カメラが搭載されてないため、リモート会議やテレビ電話をするには別途WEBカメラの購入が必要。リモートミーティングなどカメラが必要な場合はMacBookProを使用している。

キーボード

お気に入りの黒いマジックキーボード

Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) – スペースグレイ
黒いというだけで即購入。
やはり数字の入力はテンキーがあると便利。
写真のキーボード本体のエッジが白っぽくなっているのは、作業中よくマウスをぶつけてしまうから。

買いました!

Apple Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き) (Appleシリコン搭載Mac用) – 日本語(JIS) – シルバー
M1 MacbookProをクラムシェルモードで作業するときに使用。
Touch IDの認識も良く、Macを手元でロック解除できるのは快適。

上記のキーボードを購入して少しして、ディスコンになったと思われた色違いのスペースグレイ(黒)が復活した。
どうせならそっちが欲しかった。。

NiZ ATOM 66 キー 静電容量無接点方式ワイヤレスキーボード 英語配列 /Type-C充電/USB/Bluetooth 4.0/35g
このキーボードはたまに長い文章を打つ時に使用。シュコシュコした打鍵感が心地のよく気に入ってる。
静電容量無接点方式キーボードの代表はPFU HHKB(Happy hacking keyboard)東プレREALFOCEで、
いずれも高額な部類に入るプログラマー御用達のキーボード。
購入の決めてはHHKBよりも安かったのと、Mac用のコマンド、オプションキーが付属してたから。
また、キートップに仕込む増圧バネが付属していて、キータッチの重さを調整できるので、
ぼくはコマンド、オプション、スペースキーにバネを入れて重くしている。

見た目は野暮ったいので好みが分かれるところ、玄人好み?
サイズはコンパクト(W295×D110×H25mm)だが持ち運ぶには重い(718 g)。
Appleの平らなキーボードに慣れていると、キーボードってこんなに厚みがあった?と思うくらい高さを感じるので、リストレストでフォローしている。

同型の後継機種(数年前に購入した時は販売元はAKEEYOではなかった)
AKEEYO 【2020 アップバージョン】 NiZ ATOM 66 キー 静電容量無接点方式ワイヤレスキーボード(WINDOWS/MAC 両対応)英語配列 /Type-C充電/USB/Bluetooth 4.0/35g/66EC(S)BLe
ウッドリストレスト
FILCO Genuine ウッドリストレスト Sサイズ〔幅300mm〕北海道産天然木使用 オスモカラー仕上げ 日本製 ブラウン FGWR/S

マウス

お気に入りの黒いマジックマウス

Magic Mouse 2 – スペースグレイ
キーボード同様、黒いというだけで即購入。
トラックパッドを使う人もいるが、ぼくは断然マウス派。
マウスはMagic Mouse以外考えられないほど手に馴染んでいる。

同型のシルバー(白)より価格が20%くらい高いのはいただけない。
充電用のLightningケーブルを刺す場所が背面にあるため充電中はので、
うっかり充電をし忘れるとイラッとする。

iPad Pro+Apple Pencil

iPadとアップルペンシル

iPad Pro Late 2017 10.5インチ スペースグレイ (256GB)』+『Apple Pencil(第1世代)
iPadはApple Pencilが使えるようになってから積極的に使うようになった。
ぼくの場合、主にデザインアイデアをラフ描きするときに活躍している。
以前はラフをコピー用紙に手書きしていたこともあり、紙がたまるのが悩みだったがそれが解消できた。
また、図表の多い電子書籍はKindle PaperwhiteよりもiPadのほうが快適。ラインも引きやすい。

ちなみにiPadPro専用のキーボードを購入したが、画面内のキーボードで事足りことが多くまったく使用していない。本格的に文字を打つときはついつい使い慣れたMacを使用してしまう。。


デザインラフを描くのに使っているアプリは『コンセプト』。
お絵かき、メモ、ドローイングと使いみちは色々。
描き心地が好みだったのと、アップルペンシルで描いた線を指を消しゴム代わりに、こすって消すことができるところが気に入ってる。
アートボードが無限に広がるので、1案件を1枚のファイルで管理できるのはとても便利。
基本機能は無料で使える。

アプリケーション

イラストレーター起動画面

Adobe Creative Cloud
アドビが提供する全てのアプリが使用できるサブスクリプション。
ぼくがデザインする上で欠かせないのが IllustratorPhotoshop
パンフレットやチラシ、商品パッケージ、WEBサイトのデザインまでほとんどこの2つで作るため、なくてはならないツール。

Adobeはパッケージ販売を終了したためサブスクリプション契約しか選択肢がないのがネック。
コンプリートプランが必要ない場合は、使いたいアプリ単品でも契約できる。

フォント

モリサワパスポートパッケージ版

MORISAWA PASSPORT ONE
過去の制作物のほとんどをMORISAWA書体で作っているので、ぼくにとっては欠かせない。
プロの現場(デザインプロダクションや出版業界)で使用されている1,500書体以上の日本語、多言語フォントが使えるサブスクリプションサービス。
特に印刷物の仕事をしている場合は必須。
ただしクライアントからMORISAWAフォントの使用を指定されたり、MORISAWAフォントをどうしても使いたいということがなければ、無理して使用する必要はない。
Adobe Creative Cloudを契約してるのなら、Adobe Fontsに登録されている日本語フォントが無料で使用できるため、Adobe Fontsだけでも十分デザインはできる。

1年ごとに契約更新にかかる費用が高い5万程度(契約年数や台数によっても変わる)。
せめてAdobe Creative Cloudのように1ライセンスで2台まで使えるようにしていただきたい。

余談だがモリサワは写研と提携したようで、今後は写植でしか使えなかった書体がラインナップに加わる予定。これは楽しみ。


仕事が捗るアイテム

外付けハードディスク&SSD

外付けハードディスクドライブと外付けSSDドライブ

Western Digital デスクトップHDD 8TB USB3.0 WD Elements Desktop 外付けハードディスク
仕事データのバックアップ用とミラーリング用(まるごとバックアップ)で8TBを2台使用。
過去の制作物を改版することも多いので、いちいちデータを探したりしなくて済むように、外付けHDD1台を常時接続して全てのデータに即アクセスできるようにしている。
進行中の案件はメイン機の内蔵SSDで作業し、案件が終わったら外付けHDDに移す。
毎月、外付けHDDをミラーリング用HDDに差分バックアップしておくことで、なにかあっても復旧できるように備えている。
ハードディスクは消耗品と考えて3年に1台、新品と入れ替えている。
バックアップソフトは『Carbon Copy Cloner』を使用。

このWestern DigitalのHDDは安くていいのだが、スリープからの復帰が少し遅いのとコトコト音がするのが若干気になる。
以前使用していたロジテックの外付HDDは、中身は同じWestern Digital製なのに静かでスリープ復帰も早かった。日本製で値段も倍くらいするのであたりまえか。。


WD 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / WD Blue 3D / SATA3.0』+『ineo 2.5インチアルミニウム外付けドライブケ―スUSB3.1 Gen2 Type C
メイン機の内蔵SSDのTime Machine用に、内蔵用SSD(1TB)をTypeCドライブケ―スに入れて外付けSSD化したドライブを使っている。

既製品を買うよりこのほうが安上がりで、特に問題なく使えている。



水を飲むためのボトル

シービージャパン 水筒 ストーム グレー 860ml 
こまめに水分補給をすると脳の動きを助けてくれるそうなので、水は1日に2リットルくらい飲むように心がけている。
いちいち給水するのが面倒なので860ml入るボトルを使用。
大きくロゴが入っているのは気に入らないけど、ペットボトルのようにごくごく飲めるのでよしとしている。
白い部分と本体が分解できるので洗いやすい。

水を入れに行く回数は減ったが、トイレの回数は増える。



アーモンド or ブドウ糖

食べかけの無印良品「素のままアーモンド」と「大丸本舗 ぶどう糖」

デザイン制作には集中力はかかせない。
脳にエネルギーを補給するため『無塩・無添加アーモンド』と『ぶどう糖』をデスクに常備。
ちょっと集中力が切れそうになったり、小腹が空いたら『アーモンド』、
素早くチャージしたい場合は『ぶどう糖』と使い分けている。

ぶどう糖は血糖値が急上昇するので取り過ぎに注意。
ゆっくり吸収されるナッツ類を2〜3時間おきに食べたほうが集中力は持続するそう。



アロマオイル

MARKS&WEBの「アロマウッド」と「セラミックプレート」、無印良品の「ローズマリーオイル」と「ペパーミントオイル」、Cococareの「100%ローズマリーオイル」と「100%ペパーミントオイル」、Now Foods「エッセンシャルオイル、ローズマリー (30 ml)」

リフレッシュと仕事に集中するために使用。
毎朝、アロマオイルをアロマディフューザーに数滴垂らしてデスク周りに置く、スッと鼻に抜ける香りが仕事モードに切り替えてくれる。
ぼくのお気に入りは、血流を改善するらしいローズマリーと、リフレッシュ効果があるらしいペパーミント
この組み合わせにした理由は、以前買ったMARKS&WEBのボディーシャンプー(たぶん期間限定商品)の香りが好きで、その主成分がローズマリーとペパーミントだった。
アロマディフューザーは電気を使わず場所もとらない、木や石でできたコンパクトなものを使用している。
ウッドタイプのディフューザーはアロマオイルが底から滲み出てくるので、オイルを多めに使うなら受け皿の付いたアロマストーンプレートタイプがいい。

アロマオイルはMARKS&WEBや無印良品のものを使っていたが、
iHerbで海外ブランドのものを買ったほうが断然やすいことに気がつき、
最近では海外製の安価なオイルをいろいろ試している。



スピーカー

10年前に購入したデスクトップ用のスピーカー

『Fostex (フォステクス) PM0.4n プロフェッショナル・スタジオ・モニター』
仕事中はいい音で音楽を聴きたいので、10年前に購入したスピーカーをMacとにつなげている。
以前はDACを経由していたが、たまにノイズが発生するようになったため今はMacへ直挿し。
DACを経由しない分、音質は劣るかもしれないけど、内蔵スピーカーよりは遥かに音はいいのでよしとしている。
桜材のインシュレーターに乗せて振動対策と音質改善(?)。
山本音響工芸 キューブベースアサダ桜材(4個1組) インシュレーター QB-2

Fostex PM0.4nは現在、生産終了していて後継機が販売されている。
FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4c
スピーカーそれぞれに電源が必要で、サイズも大きい(W144×H220×D180 mm)ため、
これから購入される方はBOSEなどのコンパクトなデスクトップスピーカーを検討したほうがいいかもしれない。



毎日使うものなのでなるべく新しめの環境にしておきたい。
と言いつつ気がついたらサブのMacBook Proは4年半、iPad Proは3年半、メインのMac miniは2年半。
今のところ特に不都合は感じていないが、そろそろ順番に買い替えを検討しよう。
新しいものを手に入れる度に、もっと早く買い替えればよかったと思うのだから。

2021年12月31日追記)
今月、ようやくMacBookProを買い替えた。
スピードも早いし、キーボードも手触りも新鮮。やはりもっと早く買い替えればよかったと思いました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる